多くの人の考える遺品整理と言えば、親族や友人の家の生活圏での部屋の片付けを想像するだろう。自分の考えられる範囲や生活範囲で想像すれば当たり前に、そうなる。

しかし、私たちに相談に来る人たちは様々だ。例えば、貸しコンテナの中、別荘、アトリエから車の中まで遺品整理の相談がある。こんな依頼もある。特殊清掃、主に孤独死や自殺に事故。部屋とは限らない所で依頼や相談は多岐に渡る。

今回はバラエティーショップの遺品整理だ。依頼の経緯はと言うと某NP0法人からの相談から事は始まった。

ショップを経営されていたSさんが去年の暮れに亡くなり、近くに相続人はいなく、他県の遠い親戚が相続人になった。不動産は売買される予定だが、店舗が片付かないと売買も前に進まない状態で半年以上が過ぎた。そろそろと決断をすることになったが、相談内容がバラエティーショップに並ぶ商品を買い取りながら、片付けをして欲しいという内容だ。

バラエティーショップ並ぶ商品はと言うと100円前後の商品ばかり、これを買い取るには簡単な様で難しいのが現状。皆さんは商品が新品で梱包しているし綺麗だからリサイクル出きるでしょうと単純に思うかもしない。けれど、商品単価の極端に低いものはリサイクルになりにくいのが現状。何故なら、買っても安いし商品点数ばかり多くて在庫になりやすいから。分かりやすくお金で例えると、あなたが持つ一円玉と同じような感じだ。確かに低いけれどお金の価値はある。しかし、一円では何も買えない。一円玉で何かを買うには大量な一円が必要となる。なんとももどかしい感じ(笑)。

相談者は費用を安くしたいのは当然で、ましてや遠くの親戚がショップを見たことない。そこで、これを何とかしようと考えたのが、日本遺品整理協会鈴木副代表だった。先ずは協会メンバーに声をかけ、我こそはと集めたメンバー。

スクリーンショット(2017-10-24 16.17.27)

もちろん、これはメンバーの一部の人。実際は3日間15人体制で片付けをした。 何と言っても商品は細かく数千点もあり、詰め込むだけでも大変なのだ。この詰め込んだ商品は、国内でのリサイクルが出来ないので協会メンバーが輸出してくれた。

スクリーンショット(2017-10-24 16.20.25)

普段は協会全体の運営を考える鈴木副代表も現場に駆けつけて 皆と一緒に笑顔で現場作業をしてくれました。

スクリーンショット(2017-10-24 16.20.40)

協会メンバー力を合わせて無事終了。遺品整理は多岐に渡ることを考えておいてください。あなたの親族にもいるかもしれない店舗をお持ちの方、または経営者がいるならば 相続だけではなく、事業継承やお店を閉めることも考えなくてはなりません。

突然、相続の話が来て困るのはあなたです。そうなる前にご相談を受けています。相続や試算表、保険の見直し、遺品整理事前調査買取りも不動産鑑定から売買、賃貸、リフォーム、生前でもご相談はお気軽に。